スプロケットベース製作

ブレーキディスクを新調したので早速走りだしたいところだったが、
生憎の雨模様の為、引き続きスプロケットベースを製作する事にした。

現状ではスプロケットはプロアームに付いていたサンスターの40Tをそのまま使っている。
チェーンサイズが520で、しかも40TとCRFと同じサイズであったが、
いざ丁数を変更しようと思っても、ディスクロータと一緒で簡単には手に入らない。

なのでCRFスプロケットが使える様、スプロケベースを製作する事にした。

難儀なのがハブダンパーに差し込むピン。
現状では3ミリ厚の鍔付きφ9ピンがベースに圧入されている。
代用できそうなものが見つからない。旋盤があれば削り出せるのだが・・
仕方ないので、S45Cの丸棒に手作業でM9のタップを立て、t3の鍔を溶接した。
これを例によって会社で超々ジェラルミンから切り出し、M9のタップを立てて接続。
更に手加工で作ったM9ナットで固定。
20210317-01.JPG20210317-02.JPG
で完成かと思いきや、あっちが当たる、こっちが干渉すると色々あってなんとかカタチになった。
これでファイナルの変更にも対応出来る。
そして元々のベースとスプロケットがスチールに対して、ジェラルミンで作製した為、
重量は-1kg程。
ブレーキベースとステムと合わせてこれで-3kgの軽量化。
あと2kgで増えた5kgを相殺できるのだが。

ついでにスプロケットカバー。
前回作ったものは少し小さく、20丁以上のスプロケットに換えた時に収まりそうにないので再製作しました。
20210317-03.JPG
ついでに長らく交換していなかった(というか初めてか?)エアエレメントを新調。
20210317-04.JPG
う~早く走りたい!
20210317-05.JPG

広島ブログ

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント